ビジネスを始めるのに友達は不要です【理由を語る】

啓発

こんにちは、ゆたかです。

今回は、ビジネスを始めるのに友達は不要である件についてお話ししていきます。

 

ビジネスを始めるのに友達が不要な理由

そもそも、友達とはなんでしょうか?

一緒に遊ぶ、買い物をする、昔から馴染みの深い人でしょうか。

 

ここでいう”友達”とは、ちょっと違う意味を持つかもしれません。

友達は足を引っ張る存在

何か新しいことを始めようとすると、必ず誰かが止めてきます。

 

起業したい!

このように言うと、周りは決まって

 

 

リスクあるから辞めたほうがいいよ

普通に就職したほうがいいよ

意識高い系かよ

こう言う風に言ってきます。

僕も大学時代にそのようなことを言っていたら、周りからは怪奇の目で見られ、

陰でバカにされているような雰囲気も感じました。

「出る杭は打たれる」そう言った悪習を身をもって感じた経験でした。

 

これらを言ってくる人は、ハッキリ言って”友達”ではないのかなと思います。

中には親切で、本気で自分のことを考えてくれて止めてこようとしている人もいると思います。

むしろ、心配してくれている人の方が多いと思います。

 

しかしそれでも、本人が本当に進みたい道、何かにチャレンジしたいことがあるのなら、

その道の邪魔をしてくるような人は友達とは言い難く、話を聞くべきではないと思っています。

 

自分の人生には誰も責任を取ってくれません。

 

子供の幸せを願って言う言葉だとしても、親のその言葉通りに人生を歩み、

それで自分が不幸になってしまっても、親はどうにもできません。

 

結局自分の人生の道は自分で決めるべきであり、その責任も自分にあります。

自分のやりたいことが決まったなら、自分を信じて一直線に突き進むのみです。

 

繰り返しますが、自分の道を否定してくる人の言葉には耳を傾けない方が良いです。

ビジネスを始める、何か新しいことを始める、こういう点においては友達は不要であると言えます。

 

つくるべきは”仲間”です

先ほど、何かを始めるのに”友達”は不要です。と言いました。

では、何が要るのか。

 

見出しでネタバレしましたが、“仲間”です。

友達と何が違うんだと言われそうですが、僕は「一緒の目標を持つ人」と定義しています。

 

“友達”と”仲間”の違いについて簡単に示していきます。

 

友達

  • 愚痴を言い合う
  • 過去の話をする
  • ネガティブトーク

 

仲間

  • 目標を言い合う
  • 未来の話をする
  • ポジティブトーク

 

こんな感じでしょうか。

 

友達と久々に会って飲むとなれば、「最近どうよ?」から始まり、職場での愚痴を言い合ったり、

過去の思い出話が始まったりします。

対して、同じ目標を持つ仲間と話すことになれば、

話題は自然と今後の生き方や考え方の話へとシフトしていくイメージです。

 

このように”友達”と”仲間”には、話す内容の時系列的な違いと

モチベーションの違いにあるのではないかと思っています。

 

このことを踏まえて、今後何かにチャレンジしていくにあたって、

話すべきは”友達”でなく”仲間”であることは明白です。

今後の目標と行動を議論していきたいのに、過去の話や愚痴などを聞くことにはメリットがないからです。

 

別に仲間も要らない、一人で頑張っていくんだと言う人もいるかもしれません。

それはそれで素晴らしい考えかと思います。

 

ですが、仲間ができればやはり心強く、

自身のモチベーション維持にも大きく貢献する要因だと思うので

できればいた方がいいのかなぁと言う風に思っています。

仲間をつくるためには

続いて、”仲間”をつくるためにはどう言った手段があるのかと言う話をしていきます。

友達を仲間にする

友達は要らないと言ったばかりですが、なんやかんやリアルのつながりは強いです。

身近な人で自分と同じ目標に向かって励める人がいるのといないのとでは、

モチベーションが大きく左右されます。

 

高校や大学受験でもそうだったと思います。

同じ学校を目標に頑張っている人が身近にいることは、自分も頑張れる要因となるはずです。

 

身近で気軽に話せて、お互いを高め合える存在はもっとも最高な仲間だと言えます。

SNSで探す

リアルの繋がりがあまりないと言う人でも、インターネットを探せばいろんな人と関われる時代です。

TwitterでもFacebookでもInstagramでもYouTubeでもなんでも構いません。

同じ目標を持っている人を探すことです。

 

直接メッセージのやり取りはしなくとも、世の中には同じことを思っている人がいるんだ…

と実感できるだけでも結構モチベーションが上がってきたりします。

できれば勇気を振り絞ってメッセージを送ってみて、そこから新たな発見があれば大万歳です。

 

中には怪しい人がいたりと注意は必要ですが、そこで何かを失敗してもそれはそれで勉強です。

 

コミュニティに入る

今やいろんなところにオンラインサロンや、LINEグループなどがあります。

有料だと敷居が高く感じるかもしれませんが、変な人が集まらない分、人の質はかなり高いのが特徴です。

 

同じ志を持つもの同士、日々新しい情報を共有することで、毎日刺激になります。

入る事で今まで関わるはずのなかった人と出会い、チャンスが巡ってくるかもしれません。

 

SNSで仲間を探す事の延長で、気になったオンラインサロンなどがあったら

是非入ってみるべきかなと思います。

あとがき

いかがだったでしょうか。

自分の邪魔をする人は友達と思うななんて、言葉は悪かったかもしれませんが、

そのくらいの気持ちでいなければ、自分が折れてしまい目標が遠のいてしまうのも事実です。

 

同じ目標を持つ”仲間”と話しましょう。

 

仲間がいなければつくりましょう。

リアルの身近な人、SNSでの人、オンラインサロンなどのコミュニティ、

色々な場所に人はいます。自分の刺激になる人は必ずどこかにいるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました