今すぐに昔の友人に連絡を取るべき話【人脈を増やす方法】

オススメ

こんにちは、ゆたかです。

 

今日は、今すぐに昔の友人に連絡を取るべきといったテーマでお話ししていきます。

 

先日、こういったツイートをしました。

 

今回はこのツイートを深掘りしつつ、後半では人脈を増やす方法について解説していきます。

 

今すぐに昔の友人に連絡を取るべき理由

理由は主に2つあります。

 

  • いろんな人生の経験談を聞けるから
  • 同じ目標に向かっている人が見つかる

 

順に解説していきます。

いろんな人生の経験談を聞けるから

まず一つ目として、いろんな人生の経験談を聞けるからです。

 

今でも近くにいて、いつも連絡を取り合っているような友人は、自分と似通っている部分が多いです。

直近の友達って、働いている業界が同じ場合が多いですよね。

大学を卒業して、1年経った後に友人に連絡をするとして、情報学部卒であれば、

同じく情報学部卒の友達で、みんなIT業界に就職しているなど。

 

でも昔の友人は、全然違う人生を歩んでいる可能性が極めて高いです。

同じ業界同士での知見を深めることもとても大切ですが、

今回は、あらゆる経験談を聞いて視野を広げることを重要視しています。

 

中学校、高校時代は一緒だったけど今はどうしているか分からないって友人は多いと思います。

そうしたら、躊躇わずに連絡をとって近況を聞いてみてください。

新たな発見があると思います。

 

知らない間に結婚をして、子供まで授かっていたり。

自分が行ったことのない国に旅行に行っていたり。

 

当たり前ですが、各々別の人生を送っているので、あらゆる経験の話を聞けます。

視野を広げるためにも、直近のではなく、昔の友人にたまに連絡をとってみると良いかもです。

 

同じ目標に向かっている人が見つかる

昔の友人に連絡をすると、自分と同じ目標を持っている人が見つかったりします。

 

自分がプログラミング学習中であれば、その友人もプログラミング独学中で、IT系に転職活動中など。

すでに業界で働いている人の生の感想が聞けたりもして、自分が行動する上での指標となったりします。

 

目標に向かって頑張っている人がいるということを知ればモチベ向上に繋がるので、

やっぱり今すぐに連絡してみると良いかもです。

友達が少なくても広い人脈は作れる話

 

友達少ないけど人脈を増やしたい…

どうすればいいんだろう…

これの解決方法は、人脈の広い友達と友達になることです。

こうすることで、自分自身には友達が多くなくとも、広い人脈を作ることができます。

人脈の広い人を「スーパーコネクター」と言ったりします。

 

メンタリストDaiGoさんのこちらの動画でもいろいろ解説しているので是非ご覧になってください。

 

例えば、何かWebサイトを立ち上げたいと思った時に、

アイデアやデザインのイメージはあるけど実際のプログラミングができないという場合。

 

スーパーコネクターの友人に相談することで、その人脈の中から、

「そういうことなら、この人を紹介できるよ」といったように、

必要な時に必要な人と繋がることができる可能性があるということです。

 

スーパーコネクターにもジャンルがあります。

ITやプログラミングに関する人はこの人、人を集めるにはこの人、

海外の人とのやり取りにはこの人といったようなジャンルごとに付き合う人を決めておくと、

必要な時に必要な人と繋がれるということになります。

 

これが、自身には友達が少なくとも人脈を広げられるという方法になります。

自分がスーパーコネクターになる方法

広い交友関係を持っても苦にならないという人は、自身がスーパーコネクターになるのもいいと思っています。

 

次に、自身がスーパーコネクターになる方法を解説していきます。

気軽に昔の友達に連絡を取ること

記事の前半では、昔の友人に連絡を取りましょうというお話をしましたが、

それ自体がスーパーコネクターになるには必要なことになってきます。

 

やっぱり、昔の友達かつ当時もそこまで密に関わっていなかった人に唐突に連絡を取ることって

かなり抵抗があることと思います。

しかし、実際のスーパーコネクターは何の抵抗もなく気軽に昔の友達と連絡を取ることができます。

 

自分がスーパーコネクターとなることで、多方面から頼りにされたり、

情報が集まってきたりするので、そこでもまた視野が広がったりすると思います。

 

とはいえ、唐突に連絡をして無視されたらどうしようとか、怖いとか思うかも知れません。

でも、そこを恐れる必要はあまりないのかなと思っています。

 

実際に僕もそういった不安がありながらも、唐突に連絡をとってみたら結構反応がありました。

無視されたらされたでそれまでですし、反応があれば今の近況とかから聞いていけばいいだけなので、

とりあえず、ためらいなくメッセージを送ってみて損はないのかなぁと感じてます。

 

その人の得意分野や好きなことを覚えること

先ほど紹介した動画でも言われていましたが、相手の好きなことかつ得意分野を覚えましょう。

 

これは、その相手の肩書きとか職業とかとは別にした得意なことです。

人は得意なことや好きなことに関して頼られると、良い気分になる生き物です。

得意なことで頼られると、存在異議を認められたという気持ちになるので、

ぜひ力になりたいと思いやすくなります。

 

相手が今どんな仕事をしているのか、という近況を聞くことも良いですが、

今度は、それとは別に好きなことや得意なことを聞いてみましょう。

そういった情報を蓄積することによって、

こういう相談があった場合にはAさんに繋げる、また、そこでAさんが困りごとをしているならば、

Bさんを紹介するなどというWin-Winのループを生み出すことができます。

 

最初からこういった人脈術を身に付ける事はかなりしんどいかもしれませんが、

とりあえずは昔の友達と連絡を取り、その人の好きなことや得意なことを聞いてみるといったところから

スタートすることが良いのかなと思っています。

 

あとがき

いかがだったでしょうか。

 

今回は、今すぐに昔の友人に連絡すべきといったテーマでお話ししました。

 

まとめると、

  • 連絡を取ることで視野が広がる
  • 同じ目標の人が見つかる

ですね。

 

自分の人生の視野を広げ、かつ同じ目標を持っている人がいることを知ることでモチベを上げていきます。

 

そして、昔の友人と連絡を取ることで、

  • 新たな人脈が生まれる可能性がある
  • 自分自身の人脈を広げられる

ということができるようになります。

 

あまり多くの人と関わるのが苦手だという人は周りでスーパーコネクターを探し、

それが苦でないという人は、自身がスーパーコネクターになることで、

人脈を増やすことをオススメします。

 

僕は、基本的に多くの人と関わる事は苦手なのですが、

たまに昔の友達と連絡を取ることで自分の刺激にしていきたいと思っています。

 

それでは、また別の記事で!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました